JB64ジムニーにオーバーフェンダー&サイドシルガードを装着!フェンダーからサイドシルへの一体感のあるパーツはこれ一択!DIY装着の注意点なども紹介!

カスタム

前回、リアバンパーやハイマウントストップランプのカスタムを紹介してリアビューを理想にだいぶ近づけて満足していたのですが、そうなるとサイドビューに満足できなくなるというのがジムニストの性でしょうか?

【APIO】JB64W新型ジムニーにタクティカルリアバンパーをカスタム!大満足ポイントは“縦横比”!気になるカスタム費用も公開!
思い起こせば納車前からリアバンパーはこれをつけるぞと当ブログでも息巻いていましたがやっとこさ装着に漕ぎ着けました!カスタムしてから納車する勢には、なんでそんな時間かかってんねんって感じかもしれませんが、ノーマルをそこそこ味わってか...

オーバーフェンダーはジムニー乗りにとって切っては切れないカスタムパーツであるとともに問題を抱えがちなアイテムでもあります。
その問題というのは車検に関することなんですが、私が取り付けたのはもちろん、所謂9mmフェンダーとよく言われる構造変更の必要のない範囲のパーツを取り付けました。
そのあたりもちょこっと記事内で説明したいと思います。

「え!?オーバーフェンダーって違法なんでしょ!?」って偏った知識をお持ちの方も見ていってもらえたらと思います。

オーバーフェンダーは機能的にはあまり効果のないドレスアップ的な意味合いが強い印象があるかと思いますが、いやいや違うぞってところも紹介してみたいと思いますのでどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

選んだのはこのパーツ!探しに探したオーバーフェンダーとサイドシルガードのマッチング最強のアイテム!

オーバーフェンダーは納車待ちの時からつけたいと思っていたアイテムでした。
LittleDのデモカーが登場した時に衝撃を受け、グリルとともにこれだ!と思ったのはオーバーフェンダーでした。

これをつけたい!とウキウキして納車待ちをしていたのですが、色々と調べているとサイドシルガードというのもつけたくなってきたのです。
サイドシルガードはどんなアイテムかというとこういうやつです。

オーバーフェンダーのドレスアップ効果として、タイヤの上部がブラック化するとホイールハウスが広くなったように、車高が上がったように見えて四駆特有のワイルド感が増すんですよ。
そうなるとサイドシル部分も同じくガードすれば地上高が上がったように見えてより良いのでは、そしてフェンダーからの流れ的に自然なシルエットなんじゃないかということで取り付けたかったのです。

しかし、探せど探せどオーバーフェンダーとサイドシルがセットのものがない!!

オーバーフェンダーのデザインは先ほど紹介したDAMDさんのデザインがピカイチ。しかしDAMDさんからサイドシルガードは出ていない。

ただでさえサイドシルガードは商品があまり多くありません。トライアル系の石にヒットした時にボディを守るような実用性に全振りしているアイテムも多く取り付けがリベット留めだったり鉄板ですけど何か?的なデザイン面無視なアイテムばかり。

スズキ純正でもこういったサイドシルガードは用意されています。オプションカタログでも目にしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、異なるメーカーからリリースされているパーツだと色味が合わないという不安や、干渉して取り付けられないことも考えられますし、干渉する部分を削ったりカットして取り付けた時にメーカーが保証する強度を保てない可能性もあります。
走行中に外れたりしたら事故に繋がる恐れもあるため泣く泣くデザインの最高だったDAMDさんのオーバーフェンダーは諦めることとなります。

それでもひたすら探し続けます。

あるメーカーでオーバーフェンダーとサイドシルがセットで販売されているのを見つけました!

こちらのアイテムはセットなのでフェンダーとサイドシルとの一体感はもちろんありますし、理想に近いです!
しかし、オーバーフェンダーの形がシエラっぽい感じなんですよね。
これはこれですごく良いと思うのですが自分が理想としていたものとは少し違います。

(すげー細かいことにうるせーやつだなーとお思いの方も多いでしょうがもう少し語らせてください。細かいこだわりを知ってもらいたい…)

そんなわけで、完全に理想とマッチする商品を探し続けます。
この作業を続けているとどのアイテムを見てどのアイテムが初見か混乱してくるのでみんなのためと言いつつ自分のためにオーバーフェンダー全紹介という記事としてまとめ始めます。

JB64W新型ジムニー用オーバーフェンダー見つかる限り全紹介!【随時更新】
ジムニーの定番カスタムとして挙げられるオーバーフェンダーについて見つかる限り全部紹介していきたいと思います!というのも、自分もオーバーフェンダーは取り付けたいなーと思っているもののコレ!という決定打がないため、自分の調査も兼ねてま...

本当に様々な形があるので自分の理想にあうパーツが見つかるはずですのでぜひ検討されている方はご覧ください。

そんなこんなでずーーーっと探していましたらついに出会うのです。

マックスコーポレーションさんから出ていたオーバーフェンダーとサイドシルガードが理想通りだったのです。歓喜しました。待っていてよかったと。

しかし、サイドシルガードってこちらの商品はサイドアンダーカバーだし、ガーニッシュと呼んだり先ほどのシルクロードさんはサイドシルエクステンションだし、呼び名が統一されていないので探すのにも苦労しました。

一番こだわっていたオーバーフェンダーのデザインも満点です。
簡単に言えばDAMDさんと同じで済むんですが、ジムニーのボディにあるフェンダーのプレスラインに沿った形で、ドアにかけて横に入るラインへ追従する形(伝われ!)ってのがちゃんと叶ってます。

恐らく自分の理想のアイテムはいまだにこれ一択かと思います。
本当に探し続けてよかったですし、同じこだわりの方はぜひ買っちゃってください。

なんでこんなこだわるかのかというと、エクステリアのカスタムは純正然としているのが理想なんですよ。(ロトパックスとかは無視してください)
すごく派手なカスタムしてまっせー!っていうのも良いとは思うのですが、僕が目指しているのは「こんなかっこいい車あったんだ、どこの?え?ジムニーだったんだ!カスタムしてんの気づかなかったー」なんです。

というわけで探すのに時間かかったのとマックスコーポレーションさん本当にありがとうございますという話でした。

スポンサーリンク

取り付けはDIY!ちょっとミスもあるけどかっこいいのでヨシ!

さて取り付けはDIYで行いました。
両面テープとクリップとネジなので自分でできる範疇ですが、毎度やってみたらちょっと失敗してコツがわかるって流れだったので、これをみて同じアイテムを取り付ける方へ向けたアドバイスも含めて解説していきます。

まずは両面テープ系のカスタムは脱脂から始まります。
今回は洗車ののちにパーツクリーナーで脱脂をしました。
商品にも脱脂をするクリーナーと接着を促すプライマーも入っています。

あとは両面テープを剥がし、説明書の手順に沿って作業をしていきます。

パーツの上部は雨などが入りづらいよう、ボディとの設置面の傷防止などの為ゴムパーツが付いていてそれをつけます。そんな細かいディテールもよくできています。

取り付けは両面テープだけでなく、インナーフェンダーが取り付けられているボディ側の穴を利用しスピードナットを使いネジ止めもするので外れる不安も少ないしっかり作られた商品だと思いました。

さて、肝心の注意点なのですが、その写真を撮り忘れた(あまりみられたくないため撮っていない)ので文章で説明します。
遠くからみたらバレないのでOK。

この商品はオーバーフェンダーが左右、前後と4パーツで、サイドシルガードは左右2パーツかと思いきや、これも前後で分かれていて4パーツ構成になっています。

気をつけるのがこの片側4パーツの繋がる部分に隙間ができないようにするというところです。

ええ、もちろんそんな隙間ができるとは知らずに貼ったら隙間ができたんですよ。ちゃんとオーバーフェンダーはプレスラインに沿って取り付けてもそうなったので綺麗に貼るにはちょっと気を使う必要があります。
数ミリでも黒の間から白が見えてるとちょっと失敗感ありました。
とはいえ、数ミリの隙間なので付属のゴムを間に挟み込み隙間をなくしたら目立たなくなりました。

ですので取り付ける順番としてはサイドシルガード→オーバーフェンダーの順がいいと思います。

そして貼り付ける際はわかりやすいボディの端ではなくパーツとパーツの接点から合わせて取り付けるのが重要です。
一発勝負なので誰かサポート役が欲しいところです。

ここのポイントだけ守れば取り付けはいたって簡単です。

スピードナットとネジでとめる部分ですが、タイヤの真上の部分もドライバーでネジを締めるのですが、このタイヤハウスの部分が狭いので普通のドライバーではできませんのでこんなドライバーを購入しました。

これは今後のカスタムでもあると便利だと思うので揃えて置いて損はないと思います。特にインテリアのカスタムで活躍します。

コツはありますが、基本的には説明書がちゃんとあるのでみながらやれば問題ありません。
あまりに安いアイテムだと説明書なしなどもあるかもしれないのでその辺りもこのパーツにしてよかったなと思いました。

スポンサーリンク

見た目がかっこよくなっただけじゃない!傷をガードする本来の役割にも満足!

取り付けが終わりジムニーを見てみると思っていた以上に見た目が引き締まって大変満足です。
ですが見た目満足だけではないんです。

今まであまりちゃんとみていなかったんですが、取り付け前に脱脂をしているといたるところに傷があったんです。

ジムニーにはBF GoodrichのATタイヤを履かせています。ATなんですがMTなみのブロックパターンなので小石が挟まりやすく恐らくそれが飛んで傷付けたのでしょう。

BF Goodrich ALL-TERRAIN T/A KO2 215/70R16へタイヤ交換!乗り心地やロードノイズ、燃費やジャダー(シミー現象)など色々レビュー!
ジムニーの四駆らしさを際立たせるのはやっぱりゴツゴツしたタイヤではないでしょうか。まだ荒地には足を踏み入れていませんが、これから暖かくなってきたらそんな場所へも行ったりすることもありそうなので、自分もついにタイヤのカスタムに着手しました。...

これだけ石が飛んでるとなるとマッドガードもマナー的に必要だと思えるので次はマッドガードのカスタムをしたいと考えています。

この辺りもサイドですが傷がありました。石なのかドアパンなのかわかりませんが、たった1年半でこれだけ傷ができるならもっと早めにオーバーフェンダーとサイドシルガードをつけたかったですね。

見た目の満足感と共にこれからは守ってくれるという安心感もあってやってよかったカスタムだと思いました。

スポンサーリンク

オーバーフェンダーと車検についておさらい

冒頭でも書きましたが、ジムニーの伝統?としてオフロードに特化したカスタムをしすぎて違法となる改造も多くみられます。
自分も街で明らかに違法なジムニーが颯爽と走っているのをみてなんだかなぁと思っています。

ジムニーのハミタイ問題が再浮上!オバフェンも含めて徹底解説!!

最近、シーエルリンクさんのYouTubeでもこのことに付いて取り上げています。
この動画に自分も全く同意で、一部の違法カスタムのせいで「ジムニーオーナーは」と一緒くたにされたら困りますし、印象を悪くしないでくれって感じです。

そんな車検に関するところですが、上記のような明らかな違法改造は論外として、9mmフェンダーと言われる車検対応カスタムでも色々と問題があったりもします。

車検上は動画にもある通り、幅2cm以内に収まればOK。
そしてもう一歩踏み込んで、「JB64は軽規格ギリの幅だから9mmでも取り付けると軽規格から出ちゃうからそもそもアウト?」問題。
これは自分も気になってシーエルリンクさんに質問したところ、新規車検では構造変更の必要ありだけど、継続車検であれば問題なしとのこと。
理由は、「車検証記載の寸法+20mmまでは突出していないもの」であるため。これもまたトンチのような話。

じゃあ、9mmなら晴れてOKかというとそうでもない実情があります。このあたりがオーバーフェンダーは全てダメだと勘違いが生まれている要因だと思われます。

それが、「法的にOKでもディーラーに整備を断られるパターン」

これは全国のスズキのディーラーの店舗ごとに規定が違います。
私のディーラーでは法的にOKならOKというディーラーですが、カスタムしたらNGというところもあります。
カスタムショップをやっているサブディーラーだとなんでもOKなんてところもあったりするでしょう。

ですので、オーバーフェンダーをつけたらディーラーで入庫拒否されたことでオーバーフェンダー=車検NGと思っている方が生まれているんじゃないかと想像します。

そしてもう一つ「県ごとや審査官ごとでNGになることがある」

これがかなり厄介です。
当ブログでも何度か問題提起していますが、法的にOKなのに審査官次第でNGになったり、逆にNGなのが見逃されたりしています。
そして噂によると神奈川県などは厳しいらしく、オバフェンは付いてたらアウトなんて話も聞きます。

そんな行政の不都合に振り回されているところがあってオーバーフェンダーがちゃんと規定を守っているのにグレーなアイテムに思われていたりします。

個人的には法の範囲内で安全にカスタムをしていきたいと思っているのですが、車検上はOKなはずがNGを突きつけられる可能性があることは否定できません。
ですので、そんな面倒ごとには関わりたくないという方はオーバーフェンダーは様子見もありだと思います。

本当にこの辺り行政はしっかりしてほしいですけど政治なんかをみてると期待できそうにありませんね。

スポンサーリンク

取り付けたら気になる部分が出てきました。

こうしてカスタムが終わり惚れ惚れとして相棒を眺めているとふと気づきます。

あれ?白い部分あるなぁ。
そうなんです。サイドシルガードの下の部分をご覧ください。サイドシルの下側にミミのような部分があってそこが目立っているんです。

カスタムで地上高が上がったように見えていたんですが、この白い部分が浮き彫りになるとなんだか上がったように見えなくなって来ました。そして変。

というわけで次回ここの部分を塗装したのでそれも紹介したいと思います。

書きました!

スポンサーリンク

まとめ

実はこのカスタム5ヶ月前くらいにやったのですが、剥がれなどは特になくしっかりとくっついています。

最後にビフォーアフターも!

ビフォー・アフターを見てもらうとわかりやすいのですが、オーバーフェンダーでも前回リアバンパーの記事にて必死に語っていたコダワリである「縦横比のバランス」が好みに近づいていってます。

有名カスタムショップやYouTubeなど積極的にやられているメーカーなどは割と情報が手に入りやすくパーツなんかも調べてなくとも色々目に入るのですが、申し訳ないですが今回のこのパーツは探して探してやっと見つけた感じでした。

しかし、パーツのフィッティングやゴムでの細かいカバーや説明書などすごくよくできているアイテムでしたのですごくおすすめです。

有名ショップ以外にもいいアイテムは知られていないだけでたくさんあると思いますので「パーツ全紹介」などでも自分も広めて良いショップ良いパーツには日の目をみてもらえるよう微力ながら応援したいなーと思っております。

いずれオーバーフェンダーのカスタムはしたいけどどれがいいか悩んでるって方はぜひこちらの記事も参考にしてみてください!

JB64W新型ジムニー用オーバーフェンダー見つかる限り全紹介!【随時更新】
ジムニーの定番カスタムとして挙げられるオーバーフェンダーについて見つかる限り全部紹介していきたいと思います!というのも、自分もオーバーフェンダーは取り付けたいなーと思っているもののコレ!という決定打がないため、自分の調査も兼ねてま...

コメント

  1. farwater より:

    snyさん、こんばんは‼️
    こだわり抜いた甲斐がありましたね。バッチリ決まってますよ‼️

    オーバーフェンダーは純正然としていなくてはならない、、、賛成です‼️若い頃から色々カスタムしてきましたが、年齢重ねてくるとなんだかんだいっても純正が一番と思うようになってきました。派手なカスタムはどうもチャラい感じがして、、、。

    オーバーフェンダーは気に入るものがなくてとりあえず愛工房のフェンダーモールで誤魔化しています。サイドシルガードは純正付けようか迷いましたが結構高かったんでやめました。カスタム品はボディに穴あけ必要だったりして躊躇してます。

    まぁそんなわけでアピオTS3あたりを目指しているわけですが、貴殿のブログをはじめ、色々見てると心動かされることが多くて、、、まぁじっくりカスタムしていきたいと思ってます

    • sny より:

      コメントありがとうございます!
      お褒めいただきそれもありがとうございます!ただの自分の趣味と嗜好ですが褒めてもらえると嬉しいですね!笑
      気にいるものがなくても待っていたらそのうち出るかもっていうのが教訓ですね!それまでの繋ぎにフェンダーモールもありですね!

      色々みてるとあれもこれも良いなーって思っちゃいますよね!でも自分はガチャガチャしすぎないようにグッとカスタム欲を抑えています…笑
      お互いに我慢も頑張りましょう!